« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

財田川夏物語

Photo  今まで生きてきたなかで

 先生と心からよべる二人の

 先生のうちの一人が書いた

本。

「財田川夏物語」

この本は香川菊池寛賞をとりました。

その授賞式の直前に彼は亡くなってしまいました。

先生らしく・・・。

先生が亡くなった時にこれからいろいろなことに

悩んだときにどうすれば良いのかしらと途方に

くれましたが彼はちゃんとギフトを残してくれた

ような気がします。

筋ジストロフィという難病を抱えているにも関わらず、

私よりずっと広い世界をもち、私よりずっと自由に

生きていました。

先生も自分の自由を誇りに思っていたのか、私に

「お前、不自由やな。」と笑って言いました。

何でもできるはずなのに不自由に生きてしまい

がちですよね。

先生は自由に不自由を楽しんでて、私は不自由に

自由を楽しんでる?

んん~わかりにくい表現になっちゃいましたね。

まっ、とにかく良くても悪くても人生は続くから楽しく

自分らしく生きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなの時間

Photo マカロンだあ~

     感動、感動!

お店にインテリアコーディネーターの

先輩がマカロンを持ってきてくれました。

私の住んでいる地域では、買えないとブログで

ぼやいてましたが・・・本当におみやげに持って

きてくれるなんて。ウルウル(*_*;感動!!

本当に感動です。

さらにその後、前に勤めていた会社の同僚が

赤米(古代米)を持ってきてくれました。

Photo_2 この赤米、栄養満点で

普通のお米にまぜて

炊くと、ほんのり赤い色に

仕上がり、しかも赤飯のように白米までがモチモチになるのです。

ずーっと前の約束を守って、わざわざ届けてくれました。

そして、私の愚痴もウンウンと聞いてくれる友達も来てくれて

お店のソファでコーヒーを飲みました。

昨日は、四国中央市でthink(ティンク)という

素晴らしくおしゃれなヘアサロン(ここに行くと凄く

癒されて、技術も最高でカットが終わるとワンランク上

の女性になれた気になって、めちゃめちゃ気持ちよく帰れます。

立つ姿勢さえ、行きと帰りでは違いますよ。)

をやってる彼女が遠いし、忙しいのに寄ってくれました。

もお、めちゃめちゃ嬉しい!!!

みんなの貴重な時間を

私にくれてありがとう❤❤

| | コメント (0) | トラックバック (2)

みかん虫

Photo お友達がちぎりたてのミカンを

キャリーにいっぱい持ってきて

くれました。

大きいのや小さいのが混ざっていて楽しい。

疲れた体にミカンのビタミンCはききますね。

黄色い色も元気をくれます。

写真のミカンは隣の指輪と比べてもらうとその愛らしさが

よくわかります。

楽しくなってきたので・・・。

Photo_2 じゃーん、ミカン虫。

(写真上でクリックしてね、)

そういえば、今、おしりかじり虫

流行ってますね。

また、遊んでるとお叱りの声が聞こえそうなので

宣伝をひとつ。

Cassia Bonitaで買える疲れた時にきく飲み物

Photo_3 柚子茶(柚子マーマレード)

  120円(税込)

ホットでもアイスでも美味しいです。

炭酸水にとかすとレモンスカッシュのような爽快感です。

焼酎にいれてもいいかも。

まだまだ、ミカンあります。

店頭に置いてるので欲しいかたはお店に取りにきてね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

成功の秘訣

NHKでやってる「英語でしゃべらないと」が好きでよく見ています。

その中で、有名アーティストに成功の秘訣を聞いてました。

ビリー・ジョエル 「はじめは小さく始めること」

エリック・クラプトン 「抱え込みすぎないこと」

ジャネット・ジャクソン 「Staying true to myself. You have to start

                                 from the begining.原点にかえること」

システム手帳にメモって時々、見かえしてます。

私は手帳が大好きで、その年に持っている手帳はまさに

その年の自分そのものです。

大学を出て、就職する年の手帳は京都からわざわざ

大阪まで探しに行って買いました。

今年、店をやるにあたってやはりこだわった手帳を

松山に行ったときに買いました。

これといって何もない年の手帳は近所で買ったキャラクターもの

だったり、2月くらいになって売れ残って安売りになったものを

買っていたりです。

手帳を買うと必ずするのがその年の目標というか、カナエタイ夢

のようなものを書きます。

何か自分を見失いそうになった時は、それを見かえして

もう一度、がんばりなおすのです。

今年の手帳の中表紙には

「2007年が特別な年になりますように!」と書かれています。

まだまだ、1か月あるので大切に過ごしたいと思います(*^_^*)

「あなたの手帳はどんな様子ですか?」

Photo 立ち止まって一年を

 ふっと振りかえった方がいい夜に

 食べたいCassia Bonitaで買える

イタリアのチョコレート。

ミニデザートチョコ (ミルク・ホワイト・ビター)

            各231円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先生。

大昔の話し。

京都の大学に通っていたころ、大学とは別にスペースプランナー講座

というのをカルチャースクールのようなところで受講してました。

何をしたかったかというと店舗設計の勉強。

建築家になりたかったけど困ったことに((+_+))数学が大の苦手で

建築学部は受験できませんでした。

で、結局、女子大で被服学を専攻することに。

(住居学や意匠学も学べたので)

そのスペースプランナー講座の先生というのが高知県出身の方で

講座が夜の8時くらいに終わるのですがその後必ず飲み会が

開かれてました。高知の方というとお酒好きで有名ですがその

先生もご多分にもれず好きでしたね。そして、普段から何とも豪快。

ガハハガハハと笑い、まあ食え食え、飲め飲めって感じ。

生徒は私一人が学生で他は社会人の方ばかりで、京阪七条駅

近くに住んでいたこともあり呼び出されることしばしばで四条に

出ていくと昼ごはんをごちそうしてくれるんやけど先生は昼でも

飲んでましたね。

講座は企業のロゴマーク考えたり、どこかの県の公衆トイレの

設計コンペに応募したりと役に立つかどうかわからないことばかり

だったけど楽しかったです。

その先生が私に言った言葉でとても心に残っているのが

「お前はしたいことがたくさんあるけど、一歩が踏み出せない」

という言葉。先生の奥様と一緒だそうです。

その言葉は結構ココロにグサッとくるくらい図星でそれ以来、自分が

公言したことは実現することを心がけています。

そんな、私の人生で忘れられない先生も故郷の高知県に里帰りして

いるときに海水浴に行って亡くなったと香川に帰ってから数年して

聞きました。

海でもお酒を飲んでいたそうです。

京都にあるのか高知にあるのか分らないけれど、いつかお墓参りが

できたらいいなと思ってます。

「人が住む空間、住宅が一番仕事として楽しいぞって

勧めてくれたとおり住宅の会社で働いて、今はお店を始めたよ。」って

報告したいです。

今までの人生で先生と心から呼べる人が二人いますがそのうちの

一人の人の話しです。

お酒の好きな方におすすめしたいCassia Bonitaで買える食材

Photo カルボネール 赤ワインビネガー

          328円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルセロナチェアよりストーブ

Photo  友達にもらったミニチュアの

 チェア。(写真上でクリック)

 お金があったら本物の

 バルセロナチェア買いたいなあ

と妄想中。

食べるもの以外で好きなもの。

キャンドル・椅子・タイル・照明器具・商店建築

です。

しかし、四国は南国をイメージされる方も多いと思いますが

今日はめちゃめちゃ寒いです。

しかも、私のお店、建物としては一番古いところで

60~70年たった木造住宅なので断熱材が全く

入ってないうえにサッシも断熱性能がきわめて

悪くて家でコート着てもいいくらい寒いです。

イス買ってる場合じゃないです。

ストーブ買わなきゃ((+_+))

Photo_2  寒い季節に嬉しいcassia Bonitaで

 買えるハーブティー

 インフルエンザやアレルギーに有効な

「エキナセア」が入っています。シナモンやジンジャ―も

入っているのでホッコリしますよ。

その他の材料(アップル、ローズヒップ、ブラックベリー

リーフ、ハイビスカス、オレンジピール、クローブ、

チコリなどです。)

2g×10袋入り   399円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウエディングスイーツ(香川版)

Photo  香川の西の方の結婚式に使われる

 お菓子でおいりといいます。

 カラフルでカワイイ。

原料はもち米でサクサクっとしてニッキの味です。

子供のころは全国にあると思っていたのですが、香川県の

それも西の方しかないと分かってから愛おしいです。

先日、お客様の注文が入り、70箱ほど用意していたのですが

いろいろな形のおいりを発見してついはしゃいでしまいました。

 Photo_2Photo_3Photo_6                                

カールとかえびせんとかで変わった形のみつけると

嬉しくなりませんでした。(私だけ?)

まじめに仕事してねという声が聞こえそうなので

一応、宣伝させてもらうと両親の方の業務ですが

おいりの注文も引き続きやっております。

Photo_7

 箱入り 315円、紙袋 150円 (税込)です。

最近、スーパーで売ってるのも見たので普通に

食べたい人もいるのかな。

いなかは若い人が少なくて、結婚する人も少なくて

結婚式じたいも簡単になってきて、こういう郷土の

お菓子もなくなっていくのかなあと思うとちょっとサミシイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふ、太る~!

今朝、店の前をそうじしてたら隣の化粧品店の方がようかん

くれました。めちゃ、嬉しい。徳島のようかんということだけど

素朴な感じで下の方が砂糖の結晶になってて美味しい(*^_^*)

そういえば、昨日は近所のおばちゃんに神戸のお店の

スィートポテトもらったし、おとついは、お孫さんがロンドンに

住んでいるというおばあちゃんがショートブレッドをくれた。

Photo  その前はを20個くらいもらった。

 食べ物もらった嬉しさとそれを私にわざわざ

 持ってきてくれるその心がめちゃめちゃ嬉しいです。

 

でもでも、店を始めて運動不足で太りそうなうえに美味しいもの

だらけで冬眠前の動物のように肥えはじめてます。

あ~ん、私にえさをこれ以上あたえないでくださ~い。

ウソウソ(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝石のようにきらびやかなジャム

Photo_2   私の店で販売しているジャムは

  1887年創業の老舗果物店

  「千総」さんから送っていただいて

ます。(写真上でクリック!)

こちらで作られたジャムやコンフィチュール、コンポートはまさに

宝石のようなきらびやかさ。

その姿と素材にこだわった味にメチャ惚れすること間違いなしです。

私は一目惚れでした。で、即、電話して交際を申込みました(笑)

ブログでも紹介していきたいなあと思っていたのですが

その前に、、、新商品を紹介しちゃいま~す。

Photo_3  earlgrey&milk confiture

   北海道産の牛乳とアールグレイの香りが

 マッチしたミルクのジャムです。

色はシックで大人のただずまい、でもでも口にいれると

子供のようにスプーンですくっては食べ、すくっては食べという

「それだけ食べ」をしてしまいそうな味です。

パンにつけて食べようとか、アイスクリームにかけようとか思う

前に多分一ビンあけてしまうと思います。

この商品が出来る過程で当店もほんの少し、ほんの少し

お手伝いさせていただいてます。(その話は後日)

試食をしてみたいという方はぜひ当店までお越しください!

ちなみにネットで直接、千総さんの商品を購入できます。

「アトリエ コンフィチュール」で検索してみて下さいネ。

作っている方や売っている方の温かさがじんわり伝わって

ますます買いたくなりますよ。

私、絶対、食べ物って作っている人や売っている人のことを

見ているし、話も聞いてると思っている人です。

それでいうと、千総さんの商品には愛・あい・LOVE

詰まっていると思います。

当店ともども、よろしくお願いしまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掲示板 ・ 紅白まんじゅう

Photo  掲示板を作ってみました。

 お店にインテリアコーディネーターを

 フリーでやってる先輩が持って

 来られたものや、まんが堂(

近所のおもちゃ屋さん、単なるおもちゃ屋ではない・・・。)

のご主人が出演されるアメリカンカントリーミュージックの

野外ライブのチラシ、私のお店の広告や紙版

カシボニ通信など貼ってます。

ちょうど、交差点の近くに店があるため、信号で止まった

方が気にとめてくれるといいなと思います。

何か情報のある方は、当店まで!!

Photo_2

 今朝、父親が作った紅白まんじゅうです。

  整然と並んでいてカワイイ。

  これは、赤ちゃんが生まれた

             お祝いにお配りするものです

私はもともと祖父が始めたお菓子屋の一角を借りて、

お店を始めたのですが両親は店は閉めましたが注文を

受け、おまんじゅうやおもち、お供えなどを今でも作っています。

子供のころから、祖父や父がお菓子を作る姿を見てきたけど

お菓子って、ヒトの悲しいときも、嬉しいときもお手伝いする

ステキな食べ物だなと思います。

大人になって、やっと父親がおまんじゅうやケーキを作れる

って格好いいかもと気付きました。

もっと早くに気付いていたら、菓子職人になってたかも・・・

なんてネ。

              

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お惣菜

Photo 時々、買い物に来てくれる女性がいるの

ですがどうも、近所にお惣菜を車で

売りに来てるらしいのです。

今日、私の店のななめ前のお宅に車を

とめて売ってるところを発見!したので行ってみると、メチャ

美味しそうなおかずがたくさん。

で、私が今日、購入したのがしめサバ(300円)、手羽先の

ガーリック焼き(300円)、カキごはん(400円)。

うわぁ~夜ごはんが楽しみ(^^♪

いつも、お店に来てくれる彼女のお客さんになれたのもヨカッタです。

毎週、金曜に来るそうなので、金曜日はメインのおかずは彼女から

買おうかな~なんて。他にもイカを甘辛く煮たものとか、しゃこの

天ぷらとかアジの焼いたものとかいろいろありました。

彼女はもともと、仕出し屋さんの方。

店だけでなく、あいた時間に行商に来ているそう。

がんばってる女性だいすきです!!

興味のある方は金曜日の3時から4時頃来てみてください。

Photo_2     がんばってる彼女が買っていった

     Cassia Bonitaで買えるコーヒー

     キャラメルフレーバーコーヒー(50g)  437円

     バニラフレーバーコーヒー(50g)    437円

| | コメント (0) | トラックバック (2)

コンテスト作品

Photo 昨夜、12時すぎに昨日のブログで紹

介したテーブルウェアのコンテスト

作品の撮影をしました。

(左写真をクリックするとキレイに

見えます。)

本当は、お昼にやりたかったんだけど、

お店があるので夜になっちゃいました。

テーマにそって作品コンセプトを作らな

ければならず、具体的な設定が必要です。

私が考えた設定は、乳がんの検査に行った友人と検査の結果が

問題なしとわかって、ウキウキした気分でショッピングをし、

帰りにお気に入りのスイーツショップでスイーツを買ってお茶を

楽しんでいるテーブルです。

女性として生きられる喜び、ワクワク感をあらわしたいなと思って

カラーはピンクを基調としました。

このテーブルに合うお菓子は絶対にマカロンと思ったのですが

売ってないんですね。ここらへんでは。

(ピエール・エルメ・パリのマカロンはめちゃカラフルでおいしそう!

一度、食べてみたいなあ)^o^(

お土産待ってまーす!)

Photo_2 で、結局、使ったのがコチラ。

 な、なんとマカロン型のキャンドル❤❤❤

 食べられないけど、スゴクスゴク可愛くないですか?

 キャンドル好きの私にはタマラナイ一品です。

 作品の方は例のごとく、とりあえず仕上げた

感じで 終わってしまいましたが、今年もなんとか提出は

できそうです。本当は一度セッティングして撮影して、もう一度

やりなおすといいなぁと毎年思ってます。照明もきちんとしたい

です。写真のよしあしも審査に影響あると思うので。

後、審査員の方の好みなどもリサーチできれば良かったなぁと

思ってます。

結果は、12月下旬にわかります。第一次審査に通ったら、東京で

本物のマカロン買ってこよっと!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

優しい食空間コンテスト

Photo  今年もやってきました!

 何がって?

 テーブルウェア・フェスティバ

 ル2008

 東京ドームで2008年2月

 2日から 2月10日まで開催

 されます。

 「テーブルウェアフェスティバル」で検索

                    してみてください。

 そのなかで、行われているテーブルウェア大賞

 ~優しい食空間コンテストというのに何度か応募しています。

優勝賞金100万円。審査員には加藤タキさんや服部幸應さん

など食空間に精通された審査員が名をつらねるコンテストです。

優勝賞金と東京行(予選を通過すると作品を搬入しないと

いけない。)につられてテーブルコーディネートを習ったことも

ないのにチャレンジしています。

大人になると試験を受けたり、賞をもらったりする機会って

本当に少なくなりますよね。

時には、勉強したり、締切にドキドキしたり、賞をもらった自分を

想像(妄想?)したりするのって大事かなぁと思っています。

そういえば、先日いきつけの美容室(住宅街にあるけど、店内は

N.Yの人がアジアを意識して作ったようなオシャレな空間)の

友人があるコンテストに参加して野心をもった若い人たちと

競うことがとてもいい経験になったと言ってました。

私もおばあちゃんになっても、学び続けたいし、好奇心を

持ち続けたいと最近、あらためて思っています。

やりたいことがたくさんあることは、絶対悪いことじゃない。

ひとつのことに集中できないとか、新しいことをすぐ追い求めてしまう

と落ち込んでいる人がいたとしたら、「いろいろなことに

目を向けられる力がある」というふうに考えなおしましょう。

私の場合、それで叱られることもありますけどね。

(それは、私のやり方が悪い (=_=) )

ちなみに写真は今回のコンテストに使う材料です。締切は9日だと

いうのにいつものごとく、まだ準備段階。

去年も結局、「出すことに意義がある。」とか言って、とりあえずと

いう感じで仕上げてしまいました。締切にバタバタするのは小学生の

時とかわってなくてオチコミマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた美人来店

今日は、ある会社の企画で「写真をおしゃれに飾っている家や

店」というので取材を受けました。

めちゃめちゃ、光栄です。

ニコンの重たそうなカメラ持参の印刷会社のプランナーの女性が

いらしたのですが、またまた格好いい美人。

喋りながら、パシャパシャ写真を撮る姿はホント格好いい(*^_^*)

写真がうつせて、おしゃべりが上手で、文章が書けて、そんな人

尊敬です。

私も写真の勉強したいなあ。

商品を説明している私の姿も載る予定です。

(たまたま、店に居合わせた友人の後ろ姿も。最初、拒否

してたけど、ここに居合わせたのも何かの縁やからと

ミョーな説得をして)

うわぁ、デビューやデビューや!!(何の(;一_一)?)

また、はしゃいでしまいました。

A4用紙1ページ分、載せてもらえるみたいなので出来上がったら

家宝にしたいと思います。(大袈裟?)

すでに発行された同じような冊子を見せてもらいましたが

雑誌の中の1ページみたいで、とてもオシャレでした。

なので「本当に私でいいんですか?」を連発してしまいました。

年齢なりの(笑)魅力が出てればいいなと思います。

あっ、でもその冊子を作ってる会社の利益になることが一番の

目的ですよね。

少しでも、貢献できたらうれしいなと思ってます。

今日は夕方に凹む出来事もありましたが、朝から父親に八つ橋もらったし、

いい出会いはあったし、良い経験をさせてもらえてプラスマイナスで

言うとかなりプラスな一日でした。

       Photo          今日の彼女と食べたCassia Bonitaで買えるお菓子                                                   

       チョコフィンS  252円(税込)

       ※直径3センチの小さいお菓子です。(6個入り)

       口いっぱい頬張りたい人には物足りないかな。                      

Photo_2               

  店に飾ってあるフォトフレーム。

  フレームにヒトメ惚れして買ったまま、

  写真をいれずに飾っていたのが、

                       今回やっと日の目をみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミナトになりたい。

私が店を持ちたいと思った理由のひとつに「居場所をつくりたい」と

いうのがあります。

お客さんだけでなく、私のともだちや何かを求めている人の。

もちろん、私や家族の居場所でもあります。

この店はもともと祖父が始めた店で、ここに70年近くあります。

ここに時々、本当に時々、ブラジルからエアメールが

届きます。

この土地よりブラジルへ移住した祖父のいとこからです。

彼女の身近な家族は、もういなくて唯一親戚の祖父のところに

便りをよこしてくるのです。ブラジルの写真や民芸品を送って

くることも。

ここに祖父がいるということが彼女の心のよりどころに

なっているのでしょう。

その祖父も先月、98歳で亡くなってしまいました。

彼女も高齢なので、もう手紙もこないかもしれません。

でも、もし来たら祖父の店を私がやっていることを知らせたいと

思います。

「夢を叶えるためにこの土地を離れたヒト、御嫁にいっちゃったヒト、

この土地がキライで離れたヒト、どうぞここに店があること、

私がいること忘れずにいてください。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルサソース

近くの中学校に講師として来ているアメリカ人の先生が

ケイジャン料理をごちそうしてくれることになり、いただいて

きました。

ジャンバラヤというご飯を使った料理です。白いご飯と

サルサソースを混ぜ合わせた感じでピリっとした辛さと

ご飯の甘みがグッドな料理でした。

こんな田舎で、そんな料理が食べられたことに感謝(#^.^#)。

そんなこともあり、今、ピリッとしたものにはまってます。

今、はまってるのがピカンテソース。サルサソースの

一種です。

オムレツにかけたり、チキンにかけたり、おやつにタコスチップス

につけて食べたりしてます。

今年の夏は、異常に食欲がなくて食品店をやっているというのに

食に対してワクワクしなくて困りました。

(みんなにうらやましがられました。でも体重は減らなかったよ。)

で、夏も終わろうかという頃にやっと食べたいものが・・・。

それがサルサソースです。

本当は夏のあつ~い時期にビールと一緒に!なんだろうけど

お酒も強くなく、寒がりの私は気温が下がると温かくなる

ものが欲しくなるみたいです。

そういえば、去年は毎朝いろんなスープを作って

しょうがを入れたり、豆板醤を入れて寒さをしのぎました。

食べ物って、ホント、心もカラダもほっこりさせる力が

ありますよね。

サルサソースの美味しい頂き方、知ってましたら教えてくださーい!!

Cassia Bonita カシア ボニータで買える食材

Photo

   タコスチップス   ¥264 (税込)

   ピカンテソース  ¥308(税込)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »