« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

菩薩立像にココロ奪われる。

昨日、TBSでやっていた情熱大陸みました?

展示デザイナーの木下史青氏にスポットを当てて東京で開催されている「国宝 薬師寺展」を紹介していたのですが今回、初めて日光、月光菩薩立像が揃って寺外で見られるのです。
しかも、普段見ることのできない背面があらわに。

涙が出そうなくらい美しい後ろ姿でした。


本物ミニイキタイナァ。
(建築物が好きなんですけど、最近、仏像いいなぁ…と思う。)


この立ち方は片方の足に重心を置き、もう片方の足を遊ばす「支脚遊脚」という立ち方だそうです。
飛鳥時代、もしくは奈良時代から1300年このお姿でいらっしゃるそう。

自分の立ち方、後ろ姿を反省してしまいました。
東京に行く機会のある方はぜひ見に行ってください。

木下氏の照明の使い方にもココロを置いてみて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶の中の音楽会

高松の三光館という喫茶店に行きました。

私の大切な友人、あっこさんの絵「記憶の中の音楽会」が今月の一枚ということで今日まで飾られていたのです。

行ってみると、お客さんは私以外いず、お店の方とお話しができました。
あっこさんの話、店にあったイギリスの古いスピーカーの話、ギターの話、バイクの話、昔の車の話、30分の間いろいろワクワクして話しました。

今日はね、別の用事があって、その用事の間の時間を計算して出掛けました。
行き帰りに3時間、滞在時間30分。
時々ね、私のこういう時間の使い方を信じられないと呆れるヒトがいます。

でもね、時間には変えられない素敵な出会いがあったり、大好きな友人のやってることにあらためて感動したりすることがあるのを知ってるから出掛けてしまうのです。

あっこさん、お店のママさん、素敵な時間をアリガトウゴザイマシタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、なんかキョワイ(>_<)

只今、10時半スギ。

なんか今日、コワイ。

朝から、落とした感覚もなく包丁を床に落としてしまい、マンガみたいに真っすぐ床に突き刺さった。(みんなにみせたかったわ。写真とればヨカッタ…。本当にあんなふうに包丁って着地するのね。)


その後、ベーグルを無理やりポップアップトースターに押し込んだら(乱暴者?(^^ゞ)、出なくなって焦げちゃった。


極めつけは、持ってたマグカップが大きくて重さに耐えかねてグラッときて、グンとカップがまわって、自分の右胸にチャイを思い切りかけてしまいました。

ボーっとしてたわりに反射神経は良かったのか胸しかぬれなかった。
(床はびちょぬれ。)


誰か見てたらわかるでしょうが多分、変なジャンプしたと思います。

その後、マグカップが大きかったのでチャイが少し残ってて、あー入れ直さなくてすんでラッキーと思いながら焦げたベーグル食べました。

今日の私、幸せにも不幸にもかなり鈍感です。

まだ、今日はかなりあるんですけど大丈夫かなぁアタシ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジンセイのタビ

26日(26日のブログみてね)、夜、山本から観音寺駅へと向かう車の中での会話。


乗せたのは2人だった。
イギリス人 24才。
アメリカ人 35才。

今まで会ったALTは全て、ほぼ大学出たての若い人ばかりだったのでアメリカ人の彼にキイテミタ。


「ナゼ、アナタハ 34才ナノ?」
(上手く英語に出来なかったので、本当にそのままの英文で聞いたら笑われた)
で、笑いながら
「1973ネンニ ウマレタカラ…」
と言って、
その後、帰国したら先生になりたいので、このプログラムに参加したと教えてくれた。

6年前にも日本に来たことがあるらしい。

「ソノトキノ タビノ モクテキハ?」
と聞くと

「人生をさがす旅です。」
(・・;)なんで、それだけ流暢な日本語やねん。
ネタやな。と思いながら
大笑いした。

最初に2人に
「キョウハ キンチョウ シテマス。ダッテ フタリトモ エイゴガ シャベレルカラ。」と牽制しておいたので、ゆっくり話してくれて、心地よい英語でした。
この逃げられない空間の英語イイですね。
早く喋れるようになる気がする。

広い教室で複数、生徒がいるとつい逃げの姿勢で授業うけちゃいますから。

私も外国の人に質問された時ようにネタ考えとこ!っと考えながら、家に帰った夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セントパトリックディの行方

セントパトリックディの行方
セントパトリックディのパーティーはどうだったかと言うと、緑色のマスクに法事で折り詰め弁当を包んでいた不織布をマチコマキ?にしてきた人や、オーストラリアの由緒ある帽子ブランドのカゥボーイハットを被ってきた人などいました。

緑色を着けるのを忘れてきた人は先生に

「ワタシハ、アイルランドジンデス。ドウゾ、キスシテクダサイ」と
書かれた缶バッジを着けられてました。

料理はグリーンのマッシュポテト、レタスのお好み焼き、緑色の卵のグラタン、グリーンピースの天ぷら、抹茶クッキー、わさびポテトチップスなどでした。

(いつも、先生はラーメン鉢にマッシュポテトを入れてくるので、

雰囲気こわすからやめてと頼んでいるのに今日もコレ・・・。)

一色で統一した食卓、結構オモシロイですね!

ところでセントパトリックディについてですがアイルランドにキリスト教を広めた聖人、聖パトリックの命日に行われるお祭りです。
その日はシャムロック(クローバー)を服につけたり緑色のものを身につけてお祝いするそうです。
川やプールも無害の染料でその日は緑色に染められたりするそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セントパトリックディ

セントパトリックディ
今日は英会話でセントパトリックディにちなんだパーティーがあります。

ドレスコードはグリーン。
またもや、ポットラックパーティーなのですが、食べ物もグリーンでと指示がありました。

アメリカ人の先生は緑色のマッシュポテトを作ってくるつもりだそうです。

私はと言うと、ほうれん草をいれてパンを焼くか、生地にほうれん草を練り込んだピザを作ろうか迷ったのですが(ホームベーカリー任せ(^^ゞ)、結局ホタテソテーのバジルソースにしました。グリーンの食べ物は、いろいろあるので苦労しません。


そういえば、映画「ブリジット・ジョーンズの日記」で恋人をディナーに招いたブリジットがブルーのスープを作ってしまうシーンがありましたね。
確か、あまりのおっちょこちょいで青いリボンを煮込んでしまい、そんな色になったような。

最近、そんな格好悪くても一生懸命な人になりたいと思ってます。


さっきから、お腹の調子が少し悪いです。
今夜、先生の友達を観音寺駅まで迎えに行くように頼まれたせいです。
緊張でお腹が…。


三人の外国人の男性とどんな話をしたらよいのでしょう(>_<)


英語は60%くらいしか聞き取れません。
もう、この英会話に参加して五年以上たつのですが、毎年訪れるアメリカ人やオーストラリア人の先生が日本語を習得するスピードが早くていつの間にか英語を喋る必要がなくなってくるのです。
しかも、真面目に勉強せずパーティーばっかりしてるような…。

「運転しながら、英語を喋ると事故を起こしそうなので今日は英語はシャベリマセン!」と言おうかなぁ。


……一生懸命な人になりたいと言ったのは誰だ!
♪〜( ̄ε ̄)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

食べちゃうぞ〜(  ̄ー+ ̄)

食べちゃうぞ〜(<br />
  ̄ー+ ̄)
店の裏庭に置いてるプランター。

植わってるのはルッコラ、サニーレタス、水菜、春菊。

そう、み〜んな私に食べられる運命。

冬はなかなか伸びなくて、毎朝のスープやサラダに使いたい私としては、

魔女のおばあさんのように「早く伸びろ伸びろ〜」と葉っぱの上で

ビビビビ〜と念力を送っていたのですが。(コワイ?)

さすが春ですね、最近は勝手に伸びる伸びる。

ついには花が咲き出しちゃいましたよ。

で、食べることしか考えていない私はその花を次から次へと摘む摘む。

でもね、一本だけ咲かせちゃいましたよ。

好奇心。

その葉の花をみたことがなかったので。

で、見たら摘む。

本当、私って冷たいな。

以前、母がお正月用に葉ぼたんの寄せ植えを作ってくれた時も

「それって食べられる?」と聞いてがっかりさせたことがアリマシタ。

近くに薔薇をたくさん育ててらっしゃる方がいらっしゃるのですが、

ピンクシフォンと言う薔薇が咲いたら見せてあげると言ってました。

「それって食べられますか?」って

言わないようにしなきゃ♪〜( ̄ε ̄)

薔薇畑を見ると薔薇のジャムやお茶を想像してしまうのは、

やはり私だけかなぁ。

桜もちみたいに薔薇の香りのおもちは、どうでしょう?

昨日の続き、色気がないと言われてもしょうがないデスネ。

Cassia Bonitaで買えるサラダにあう究極のマヨネーズ

Photo ツトボのマヨネーズタイプ

  低卵シリーズ(タルタル)

      ¥606

有機ひまわり油、有機卵黄、有機ワインビネガー、有機リンゴ酢、

有機砂糖、有機コーンスターチ、有機チャイブ、有機パセリ、

有機レモン、有機エストラゴンを使った有機JASマーク取得の

オーガニック商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電ドリ

電ドリ
電ドリ(充電式ドリル)使うの好きです。

三段ボックスが700いくらで超安値だったので、店の包装材を整理する為に買ってきて組み立てました。

通販で家具を買っても自分で組み立てます。
ただ、やはり、一応、女性なので力がなく、「こんなのヒトリでデキルシΨ(`◇´)Ψ」なんて強がっておきながら、結局、完成したものが動かせなくて「ごめんやけど、手伝ってくれる?」などというハメに。


昔、学校の授業でハンダごて使いませんでした?
糸ノコとか?
ああいうのも好きだったなぁ。

ユンボとかパワーリフトとかも運転してみたかったなぁ。

…色気がないと言われるのは、当たり前ですね(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ボブ!とよんで(^-^)

朝からカットに行きました。
お隣の愛媛県まで。

私と同じく昨年、自分のお店を持った彼女のお店です。
「Think」

予約の時間に合わせて家をデマシタ。
山本町から大野原、豊浜と抜ける道を進むとカーブを登りきった先に海が真っ直ぐに見えるところがあります。
すこぶる、ご機嫌です。クルマ走らせるの大好き!
今日のBGMは「CHEEK TO CHEEK」
山に登るのは大好きで、山頂に達した時の気分は最高だけど、君と頬寄せ踊るその時の気分と比べると半分くらいでしかないと言う歌詞。


今日は本当に久しぶりにどういう髪型にしたいかというのがハッキリしてました。
ずっと、わからなくなっていたのです。
どんな風にナリタイノカ。

長い間、滞り(トドコオリ)、よどんでいた何かがスルスルと流れ出した感じです。

髪はかなり切って、前下がりのボブにしました。
彼女の技術は凄くて、今の私を髪型でちゃんと表してくれます。
頭の形が悪い方はぜひ彼女に切ってもらって!
これが私のアタマ?ってビックリするくらいキレイな形をカットで作っちゃいます。

新しい靴を買うつもりです。

私、ハシッチャウかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マイブルーベリーナイツ

今日、公開の映画。
大好きなノラ・ジョーンズが出てる。

彼女の歌声、好きです。歌詞も。

一番好きな曲。
「sinkin soon」

私たちはシチューに浮かぶクラッカー。
紅茶に浮かぶハチミツ。
ブラックコーヒーに入れる角砂糖。
太陽に輝くアップルパイ。
空に浮かぶ丸いチーズ。

でも、私たちはまもなく沈んじゃうでしょう…。


この歌詞、大好きです。
ヒトを食べ物に例えるのイイネ。

今日、公開の映画も監督のウォン・カーウィ(あってる?)が主人公の気持ちをブルーベリーパイが表していると言ってました。


よしっ、今夜はみんなで沈んでトロケチャイマショウ(*^.^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライゼンタール

ライゼンタール
とうとう、買っちゃいました。

ライゼンタールのミニキャリーバッグ。

フレームがしっかりしてるのと、上部が絞れるので中身が見えなくてグッドです。

カタログでは、小さい女の子が自分のお気に入りのおもちゃやぬいぐるみを入れてお出掛けしています。

私は何に使うかというと、お茶セット入れです。
小さい魔法瓶入れて、紅茶やコーヒー、スイーツを持って出掛けるのです。(お弁当もイイね♪)
英会話にも持っていけるなぁ。
大きいサイズのも買おうかなぁ。(大きいのは綺麗な柄がたくさんあります)

ネットでも買えますのでチェックして下さい!
これは、ちなみにアマゾンで4000円でおつりがあったと思います。

よしっ!
山本町で流行らせよー!(遅い(^^ゞ?)

Cassia Bonitaで買える写真の商品

ラズベリータルト 483円
アンナビスケット 264円
さくらバウムクーヘン 230円
ロケッタ ナチュラルミネラルウォーター 144円
チャイ 525円
ローズティー 420円

| | コメント (1) | トラックバック (1)

パティシェ エス コヤマ

パティシエエスコヤマ
先日、遊びにきた大学時代の友達がお土産にと送ってくれたスィーツです。
マカロンと塩バターミルクのコンフィチュール。
兵庫県三田市にあるお店で店内はいつも満員電車のような人気ぶりだそうです。

マカロンが入ってたので
「もしかして、私のブログ読んだ?」と聞くと、「うん!」と。
嬉しいなぁ。

富山の友人は日本酒とホタルイカのスルメを持ってきてくれました。

ホタルイカのスルメは初めて見たけど目がねぇ、キラリと光ってるの。
スワロフスキー埋め込んでるみたいよ。

美しいけど、キョワイ(*_*)

んでんで、全然関係ないけど昨日、初めてきたお客さんと話しに花を咲かせていると、同じ大学卒だということが判明!

先日、ブログに書いた仏教学の先生の授業を同じく受けていたことや、学校近くのお店の話しをして楽しかったです。

京都、行っちゃおっかなぁ。(逃避行病再発中)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自由と孤独を愛するスナフキン

スナフキンいた!
先日、ムーミンがマイブームという文章を書きました。

スナフキンが旅に出てて悲しいというものですがイマシタイマシタ。

ムーミンビスケットというのを買ってみたら、カタチが6種類あるのですがその中にちゃんとありました。

ビスケットの裏にキャラクターの説明もあって楽しかったので皆様にもお知らせしますね。

Photo

ムーミンパパ・・・冒険好き、ときに小説をかく。

ムーミンママ・・・お気に入りのバッグをいつも

持ち歩いている。

          ムーミン屋敷に訪れるものをわけへだてなく

          もてなす。

スナフキン・・・自由と孤独を愛する旅人、冬が来る前に南へ旅立ち、

         春に帰ってくる。ハーモニカで作曲するのが好き。

ニョロニョロ・・・種から生えてきて、群れで行動。

         電気を食べるのでさわると感電する。

        (The Hattifattenersと書くようです。ニョロニョロという

        のは日本人がつけたのでしょうね。多分。)

ミィ・・・思ったことははっきり言う性格で怒るとかみつく。

ミムラ姉さん・・・ミィのお姉さん。悪気はないもののヒトをだまして

         混乱させてしまいます。恋多き乙女。

ヘムレンさん・・・植物学者

スニフ・・・ムーミンの遊び仲間。自分より弱いものへの愛情を強く持つ。

トゥーティッキ・・・男の子に見えるけど女の子。

めそめそ・・・オオカミに憧れる犬、臆病者。

        (Sorry-ooと表記されてます。)

肝心のムーミンとフローレンの説明が入ってたビスケットの袋は

すでに捨ててしまってました。(((+_+))ごめんなさい)

他にも面白いキャラクターがいっぱいです。子供のころは何も

考えずに見てたけど深いなぁ。

おさびし山とかうみうま(美しい馬、自分たちの美しさに陶酔し

他人のことには関心がない)などもありました。

いろいろなものの名前の付け方もすてき。

ムーミンの公式サイトもみてみてください。子供のころの記憶が

よみがえるかも。

北欧の人は日照時間の少なさからココロを病むひとが多いと

前回かきましたがこのムーミンを読むとそういうココロの

勉強になるかも。

キャラクターの中に自分にあてはまるヒトがいるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラちゃん

ドラちゃん
幼稚園の卒園式用の三笠です。


昨日、父が焼いたものです。
昨日は休みだったので、今朝、余ったのをくれました。

子どものころは、どら焼きを焼き出すと匂いに誘われて仕事場に向かい、どら焼きの側(がわ)だけをもらって食べてました。
本当は1日おいて、あんこの水分を少しすったものが美味しいのだそうですが、私はこの焼きたての、がわが大好きでした。
時々、お玉から生地がしずくのように落ちて、おせんべいのようにバリッとしたものが出来ました。
それも美味しかったなぁ。

お菓子屋の娘の特権です。(^-^)v

なんかの雑誌でやってましたが、ホットプレートでどら焼き作ってましたよ。
多分、粉はホットケーキミックス。
蜂蜜とみりんを加えてたような…。
自作のどら焼きって、いいかも。
お試し下さい(*^_^*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

未来へと続く景色

未来へと続く景色
前、前職の後輩の新居にお邪魔してきました。
新婚さん 

12階のお部屋から見える景色にはキラキラ光る川。
彼女のマンション横からスッーと先に伸びてる感じ。
なんかね、凄く明るい未来が想像できる風景でした。

イタリアに行った新婚旅行の写真も見せてもらいました。

建物も料理も人も彼女もダンナさまも素敵に写ってました。

その写真の中にドゥオモの写真がありました。

小説「冷静と情熱のあいだ」で恋人たちが遠いむかしにした

約束どおりドゥオモで再会するという話です。

違う作家さんが女性の立場と男性の立場から書いているので

読むときは二冊とも読んでみてください。

めちゃ、ロマンチック。

建築物すき、塔好き(最近)の私にはとても魅かれる話でした。

私が小説で想像した塔はもっと暗くて、塔だけがスッとそびえて

いるイメージだったので少し驚きました。

本当のドゥオモは違ってました。

いつか私もその塔にノボッテミタイナ。

高校生の頃、世界史の授業が大好きで特にローマ帝国の話しや

メディチ家の話しが好きでした。建築物を見て初めて涙が出たの

もイタリアです。イタリア本当にいいなぁ。

アルバムを見てると、ご主人さんが帰宅してきました。

一緒にお茶を頂いて、旅行の話しの続きをしました。

ダンナさんも、さんちゃんも幸せそうでイタリアの話しも聞けて、

しかも手作りクッキーもご馳走になって私も幸せな気持ちになりました。

さんちゃん、ヨっしー、ありがとう(*^_^*)

明日、イタリア旅行のパンフもらってこようかなぁ…♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄はない。

京都の母校より会報紙が送られてきました。
その記事の中に、ある先生の退職のお知らせがありました。

大学は西本願寺がもととなる学校だったので、必須科目に仏教学がありました。
彼はその仏教学の先生なのですが、コワイので有名。
他の授業では見られないほど授業は緊張した空気が漂います。
授業にほとんど出て来ない子もこの授業だけは出席です。

でもね、コワイのだけど馴染みのない仏教の話しがとても面白かったのです。
彼の口癖は
「この世に無駄なものは何ひとつない」と
「君らみたいな学生を見てると、そこの窓から飛び降りたくなるねー」です。

今でも大学時代の友達に会うとこの先生の名前は間違いなく、皆、覚えてます。

人生における挫折や失敗、そしてヒトとの出会い、本当に無駄なものは何ひとつないと思います。
先生、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワクワクする女医さん

ワクワクする女医さん
アトリエコンフィチュールさんのコンポート

左から和歌山産ブルーベリー、宮崎産完熟金柑、香川産キウイ、岡山産ピオーネ、大阪産いちじく

お店に来て下さるお客様に女医さんがいらっしゃいます。
ふわりと優しい雰囲気。
彼女は、とてもオシャレで、かつ食べることが好きで私の店で買ったものをどう食べるか教えてくれます。

アトリエコンフィチュールさんのいちじくのコンポートは生ハムと一緒に食べると美味しいそうです。

以前、紹介した丸亀のチーズショップも彼女に教わりました。

チーズにブルーベリーのジャムをかけるのもいけるそうです。

後、スーパーで売ってるカマンベールチーズの皮?の上をそぎとって、トースターでやくと、中がトロトロになって即席ミニチーズフォンデュが楽しめるそう!
パーティーやワインのおつまみにいいですね。

二人でチーズの話しをしていると
「よだれ(´¬`)が出そうですね」と。(笑)

昨日も新情報ゲットしました。
先生がジョッキー帽?(乗馬の時かぶる)のようなメチャ可愛い帽子をかぶってたので聞くとネットで買ったと。

「ルアムカン」で検索して下さい。
楽天で手作り帽子でも出ます。
セミオーダーも出来るそうです。

後、ライゼンタールのキャリーバックを注文した話しをすると、先生はすでに三個持ってて、空き缶などのゴミ入れに使ってると…オシャレ過ぎ〜。
先生がオシャレなバック持って、ゴミを捨てに行く様子想像シチャイマシタ。

ホント、先生くるとワクワクします。

先生アリガト♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミモザ

ミモザ
庭のミモザ。

ガーデンデザイナーの豊田みきさんが作る庭にミモザが印象的な庭があって、真似てシンボルツリーとして植えたものです。

彼女のデザインに対する考え方で目からウロコポロポロだったのが何も植わってない空白部分をデザインするという考え方。

見たことありませんか?二人の向かいあう横顔の絵が見方を変えると二人の顔の間に作られた空白が花瓶の形をしているというもの。

同じように庭のプランも空白を考えるのです。

前、前職でインテリアの仕事の他に外構の仕事を一年する機会がありました。
その時にあまりの外構の仕事の難しさと煩わしさに苦しんでいた時に彼女の本を見つけて、その考えにとても救われました。
難しいと思っていた仕事が楽しくなったのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乱暴者のスコーン

乱暴者のスコーン
スコーン焼いてみました。
店で焼いたので抜き型がなくて、手で丸めました。
こういうのって本当に性格デマスネ(*^.^*)

材料や道具をきちっと揃えてから始めるとか、形や大きさを揃えるとか。

昔、通ってたスペースプランニングの講座で図面をひいていたら、先生が

「君は建築家にナレナイ」と言いました。

理由はやることが雑だからだそうです。
先生のおっしゃる通り、建築図面はキチッ、キチッと線を止めていかないといけないんですよね。
私の書いた図面どおりに建物ができると家のすみに五センチくらいの隙間ができることになります。
「そんな家見たことないやろ?」って。

雑な作業をするたびに先生の言葉を思い出し反省する私です。

スコーンは…、いいかな?(^^ゞ

Cassia Bonitaで買える食材

     スコーンミックス ¥357

     夏いちごのジャム ¥577

    大阪の河内いちじくジャム ¥525

     紅茶とミルクのコンフィチュール ¥787

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカンテの戦略

ピカンテの戦略
今日の朝ごはん。
ツナとほうれん草のピリ辛ピザトーストです。

最近、困ったことにピザトーストにはまってます。

高校生の時に学校から帰るとピザトーストとココアを毎日、食べていたら、それまで難民のようにガリガリだった体がふくよかに…(^^ゞ

そんな記憶があるので、怖いのデス。

その上、ピカンテソースが食欲をソソルソソル!
このピカンテ、くせ者ですね。
ピリリとした辛さが癖になります。

ちなみにオムレツのソースに、ベイクドポテトに鶏肉料理にメチャあいます。

普段の料理がグレードアップすること間違いなし!

あっ、いつの間にか宣伝にナッチャッタ♪〜( ̄ε ̄)

「ピカンテには気をつけろ!」

Cassia Bonitaで買える食材

ピカンテソース ¥308

| | コメント (2) | トラックバック (0)

憧れのマドンナ

憧れのマドンナ
昨日、前職の同僚の方々がお店に来てくれました。
まぁ、とにかく華やか!
何人もの人にキレイな人が三人座ってたねと言われました。
(えっ、私は入ってないの…(T^T))

三人とも私より年上なんだけと(ゴメン、みんなm(_ _)m)華やかで美しい。
前職の私の仕事は「森の力を未来の力にする」某木造住宅会社の展示場アドバイザー。

営業さんより先にお客様に出会って、そして家を気に入って頂くという役目を担ってます。

いろいろ求められることは多いけれど、一瞬でお客様を魅了する力がいります。
それでいうと人目をひくのは当たり前かな。
(というか仕事につく前から彼女らは華やかで、だから会社に選ばれたのでしょうが。)

かつ、戦場に出向くように働く(大袈裟?)営業さんを応援したり癒やしたり。

うーん、マドンナたちのララバイ(古っ!)のノリですね。
(そこまでは優しくないけど…♪〜( ̄ε ̄))

昨日、来てくれた彼女たち以外の方も含め、私にとって憧れの存在。
彼女らと会うといつまでも女性らしく輝けるように努力しなければと思います。

美しいお花ありがとうございましたヾ(^▽^)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地元で旅行気分

大学時代の友達が大阪と富山から遊びに来ました。

1日目は、高速バスで高松についた彼女らと直島の安藤忠雄建築の「地中美術館」へ。
建築とアート、そして島という要素が必要不可欠な組合せとして存在するどこにもない美術館です。

中の展示で特にオススメはジェームス・タレルの「オープン・フィールド」という作品。
作品の中に入れるのですが天国のような地獄のような空間。
自分が今までいた世界が分からなくなって帰れなくなる錯覚に陥ります。
その場でいる美術館員の方に「ずっとここでいるとおかしな気になりませんか?」と聞くと「なります。」とおっしゃってました。

その後、家プロジェクトも少しだけ周りました。
島という環境がとても旅行気分を盛り上げてくれたのですが、友達とはかなり久しぶりにあったにも関わらず昔の続きのようなノリで本当に楽しかったです!

Photo_2 寛永通宝

2日目は観音寺市の寛永通宝(巨大な昔のお金の砂絵)と金毘羅さんとおうどん屋さんを二軒はしご。
おうどんはスルリと入りますね(*^_^*)。

一軒目では「釜玉」と「肉ぶっかけ」を二軒目で「たこちくぶっかけうどん」を頂きました。

Photo 肉ぶっかけうどん

地元なのに旅行気分満喫の素敵な2日間でした(^-^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神椿

神椿
神の椿。
いい名前。
さすが資生堂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金毘羅さん

金毘羅さん
今、金毘羅さん山頂です!
神椿(資生堂パーラー)でお茶シテマス。

みんな、30分以内にここに集合〜ε=ヾ(*~▽~)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーミン

ムーミン
久しぶりに衝動買いしてしましました。
(ちょっと慌てた。(^^;))

ムーミンの絵が入った缶です。
コンビニで見つけたのですが、ムーミンと言うより、この青い壁と赤い屋根のおうちに惚れました。(*^.^*)

でも、最近ムーミンに惹かれてるのも事実。
ムーミンて、なんか切ないじゃないですか?
子供が見るには寂しすぎ。
たしか、ムーミンて北欧のアニメですよね。
北欧って日射時間が少ない影響で、精神的に病んでる人が多いとスウェーデン人の友人に聞いたことがあります。

北欧の雑貨ブームもありましたが、あの寂しげな色使いはやはり、太陽の少なさのせいかなぁと。(結構、好きですが…。)

この缶の絵の中に、残念なことにスナフキンがいません。

旅に出ちゃってるんデショウネ。

さみしいよぉ(T^T)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中国茶

Photo_5
お友達に中国茶をもらいました。
名前聞いたんだけど、忘れてしまいました。
よく雑誌に載ってるんですけどね。

茶葉が乾燥してるときは、まりのようにまん丸ですがお湯に入れると花が開いたような形になるものです。

Photo_3

その茶葉が開いていく様と立ち上がる湯気に癒されました。
(乱暴モノの私は茶葉が抜けるほど勢いよくお湯を注ぎすぎましたが(^^ゞ)

お友達はフリーのインテリアコーディネーターで照明コンサルタントでDIYアドバイザーという、とても優れた方です。最近はダンボールを使ったアートフレームなども作ってらして、めちゃ素敵ヾ(^▽^)ノ

同じくフリーでインテリアコーディネーターをやっている私の昔の会社の先輩と一緒にお店に寄ってくれたのですがまたまた店先でお茶いれてお菓子食べて、お腹抱えるほど笑うという楽しい時間を過ごしました。
最近、ココロが折れ気味の私に元気をくれました。

「最近、元気ないんですよ〜。」
って言うと
「それでかいっ!」とつっこまれました。

本当に本当です。
でも、そんなふうに言われるということは私よっぽど、迷惑なくらい元気だったんでしょうね(過去形(T^T))

Photo_4

パンダ味のお茶ももらったし(ウソ!パッケージにパンダの絵があるだけ)
ちょいと元気出しますかね〜。

今日は来てくださってありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊藤健治というヒトのまわり

今日、伊藤先生のパートナーの方の主催で、「うたとチェロ、リードオルガンによるコンサート」が山本町で開かれました。

場所を提供した方、演奏者をおもてなしした方、友の遺した「財田川夏物語」というパッチワークを会場に飾った方、「記憶の中の音楽会」という洋画を飾った方、他にもいろんな方が関わって今日のコンサートが出来上がったようです。
先生のまわりには本当に素敵なヒトビトが集まっています。

しかし、昔私の父親が言ってました。
「伊藤塾に出入りしているヒトは変わっているヒトが多い。」と。(笑)

私も含まれているようです。

伊藤塾は変わっているヒトが安心して集える場所です。
世間では変わっていると言われても、伊藤塾へ行くと「まだまだ私って普通だなぁ」なんて思ってしまいます。(皆、そう思ってたりして)


今日のコンサートで亡き先生を偲んでと言われてましたが
「俺に内緒で勝手に偲んだりするなよ。」と言う先生の声が聞こえそうなくらい、まだ亡くなった実感のない私でした。
よくいろんなヒトとケンカもしてたから、生きてたらこんなコンサートも急に欠席したりするんだろうなぁなんて。
で、「オイ、ヒロコ聞いてくれ、俺のお、今日ケンカしてのお」なんてお茶目に話してくれたりして…。

ところでところで今日のコンサートで古いオルガンを見ることが出来ました。子供のころピアノを習う前の幼稚園時代はオルガンを習っていたので懐かしかったです。
チェロも素敵でした。
最近、オルガンやピアノより弦楽器にひかれます。
実は密かにクラシックギターを練習しています。「山本町の村治佳織とヨバレタイ!」などとふざけて言ってますがクラシックにはあまり惹かれません。
ジャズとかボサノバが好き。
去年、ヘレン・メリルのコンサートに行きました。
でも、一番好きなのは、サラ・ボーンのバードランドの子守歌です。

今日のコンサートではオルガンでジャズも数曲やってました。

私も早くギターでジャズ弾きたいです。でもネ、すぐ飽きて井上陽水やエリック・クラプトンを遊び弾きしちゃうイケナイ私です。
ボサノバも練習したいなぁ。
将来はボサノバの弾けるおばあちゃんになりたいです。

じゃあ、とりあえず「山本町の小野リサ」を目指そうかな(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤健治というヒト

伊藤健治

私の人生で「先生」と心から言える二人の先生のうちの一人です。

今日が命日です。
ビールとトマトジュースとミモザの花束を持ってお墓に行きました。

数日後が誕生日。誕生日の近くに亡くなるといいですね。
誕生日も思い出してくれるから。

亡くなってからのいろんな行事って亡くなった日を基準にすることが多くて、なんか生まれたことより亡くなったことの方がえらいみたいで変な感じ。

先日、彼がその場にいない寂しさを感じる出来事がありました。
11人もそこに人がいたのに凄く寂しかったです。
後日、先生のパートナーの方にその気持ちをメールで伝えると、お店に来てくれて
「新しく彼の違う写真を飾ったから、会いに来てやって」と爽やかに言われました。

彼女もまた、私の憧れのヒトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異業種交流会⑤オマケ

異業種交流会⑤オマケ
パーティーのススメ


今回のような忙しい女性の集まりは持ち寄り形式がベストです。
手作りのものでも、買ってきたものでもオッケー('-^*)ok。
主催者もラクだし(^^ゞ
何より一人一人が持ってきたものにいちいち驚きや感動があるのもイイデス。
その人を知ることもデキマス。

「手作りする人なんだぁ」とか、「素敵なお店を知ってるなぁ」とか。

でも、そこでムリは禁物です。焦りも。

パーティーに参加するのが苦痛になってはいけません。
どうしても、あまり自分の持ってきたものに自信がない時は人が持ってきたものを存分に楽しませてもらって、その感動を伝えましょう。

今回の皆さんは、バランスよく手作りのものと買ってきたものが集まって、本当に素敵なパーティーでした。

「もう夜ごはんはいらない」って言ってた彼女、どうしたでしょうね。

スィーツは別腹。p(^-^)q

後、写真は今回使った紙のコップにお皿、プラスチックのカトラリーです。
これも主催者がラクになれる方法です。
招かれた人も片付けに気を使わなくてすみます。
使い捨てはエコじゃないけど、生クリームのついたお皿を洗わない分、エコです。

通販などで可愛いい紙コップなど見つかりますのでさがしてみてね。
百円ショップにもあるかな。

では、皆様もパーティーを楽しんで(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »