« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

ひゃっ!雪だ!

ひゃっ!雪だ!
2009年、最後の営業日、雪です。


今日は、朝からボケボケ。

早朝、何も食べずに仕事をしている両親と私用に食料を仕入れにファミリーマートへ行きました。


昨日みたいな、本当に朝早くても、お腹がすいている私デス。

(@_@;)ぐぅ〜。

今朝も、サンドイッチやスープ、飲み物を仕入れてレジで・・・


またもや・・・・


ローソンのカードを出してしまいました。


仲南店の店員さんと違って、
中田井店・・・

冷たかったよぉ〜〜(≧ω≦)
(そりゃ、そうだ。)


その後、店に行く途中、携帯が無いことに気づき、家に戻りましたが・・・ないっ!

起きてから、ファミリーマートしか行っていないので、きっとファミリーマートの駐車場にポケットから、こぼれオチタ携帯があるはずと思って、行きましたが見つからズ(T_T)


どうして、こんなことになっちゃうの?と自分を恨みながら、

先ほどの店員さんのところに携帯が落ちてなかったか聞きにいきました。


恥。


まっ、結局、家に置いてある服のポケットから出てきたんですけど。

年末だというのに、自分の世話に追われている私です。


\(^O^)/頑張れ、私!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨です。

雨です。
薔薇の人の家から、借りてきたCD。


やっと、聞けそうです。


只今、4時40分。


なんとか、お餅つきを終え、お餅を取りに来る残り数人の来店を待ってる状態です。


さすがに今日は、朝4時から活動してるので、ホッとすると眠気が襲ってきます。


風も出てきました。


こんな天気になる前にだいたいのお客様にお餅を渡せて、本当によかった。


明日も今日の、3分の1くらいの量の注文があるので、父親は先に仕事を上がりました。


今日を越えれて、
よかった。


中島みゆきのCDは、初めて聴きますが、

この方、作詞作曲なさるんですね。

すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年で最も忙しい日

1年で最も忙しい日
明日は、1年で最も忙しい、お正月の餅つきの日です。


父親の夜中2時起きが
先ほどまでの注文で確定しました。
(彼は、モチ米を蒸す為のガスに火を入れないといけないので一足早い。)


私の2.5倍は、意地っ張りであろう母親が真ん中の姉の手伝いの申し出を断ってしまったので、12時間コースかと。

毎年、同じことにアタマを悩ませていますが、加齢に合わせて業務を縮小するどころか、
今年は、さらに粒あんを炊いて、注文を受けています。

一人一人、注文内容が違うので、あんこの種類が増えれば、時間もかかるし、間違いも出るかもしれない・・・と母親に訴えても、聞く耳持たずで・・・。

毎年、毎年、同じ内容の不安なブログを載せる私に

「あなたは、覚悟がタリナイ!」と言う方もいらっしゃるだろうし、

「お客さんが多いのは、喜ばしいこと」という方もいらっしゃるだろうけれど、

やはり、娘としては不安です。
注文を受けて、商品を渡す立場としても不安です。


もう、モチ米は全部、水に浸けてしまったので、しのごの言っても、しょうがないのですが・・・

彼らの2倍、ガンバリマス!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

矢沢永吉

矢沢永吉
有名な曲を知ってるだけで、
矢沢永吉さん本人のことは、全く知らなかったのですが、


ここ数週間、日経新聞の特集になっていて、

生い立ちや、デビューする前のこと、
デビューしてから、今日に至るまでのこと、


読んでいくうちに、興味がわいてきました。


87年に豪州犯罪史上、被害額二位(当時)となる、35億円もの詐欺にあっているんですね。


その額も凄いけれど、その借金を6、7年で完済したというのも、凄い話しです。


この紙面のそこかしこに、人生のヒントとなる言葉を見つけたので、切り抜きました。

そういえば、矢沢永吉大ファンの東京に住む従兄弟2人。

タオル片手によくコンサートに行っていたと伯母から聞いてました。


矢沢永吉と昔のスカイラインに給料を使っていたようですが


今だったら、苦笑せずに話しが出来そうだなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すれちがい

すれちがい
昨日、タイの前の前に山本町に来ていたキャシー夫妻から、クリスマスカードが届きました。

住所・・・


ウクライナになってるんですけど・・・

(T_T)しくしく


アリゾナから引っ越したそうです。

手紙を書いているのは、ダンナさんのクリスらしく


ウクライナを楽しんでいる様子や
山本を離れて5年が経ったことが書いてあります。

ルクプルの歌を思いだしました。

【会えなくなって、どれくらい経つのでしょう?

書いた手紙も、今朝ポストに舞い戻った。】

同じく、昨日、

キャシーにカードと本を送りました。

アリゾナへ。(;^_^A

あの荷物、アメリカ旅行して帰ってくるのでしょうか?

昨日は、ひどく、すれちがいをセツナク・・・カンジマシタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物を着たサンタさん

着物を着たサンタさん
今日、届きました!

(●^ー^●)


切手まで、サンタさんだ!

ポッとあかりが灯りました。

ありがとう(・∀・)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

My tools

My tools
じゃあ〜ん!


私の工具です(・∀・)ノ
電ドリも持ってます。


中学の頃、家庭科よりも技術が好きでした。


で、じゃあ〜んとか言っといて、ただ、釘を打つだけなんですけど(;^_^A


お店とプライベート空間の間の仕切りを縫ったので、吊ろうと思って。


へへ(;^_^A

| | コメント (8) | トラックバック (0)

朝マック中

朝マック中
仕事前です。


ナンダカ、正直な話し・・・

イライラしています。


うまくいかないことが重なって。


努力が足りないのか、
やり方が間違っているのか・・・

で、朝マック。
(この行動さえ、間違っているのかも。( ̄〜 ̄)ξ)


ちょっと肌寒い、窓際を陣取って、


うまくいかないことの代わりに
せめて、他の何かは、うまくいくことを作ろうミタイナ感じで英会話の本を持ってきました。


逃げている。という人もいるでしょうが・・・


うまくいかないことで、頭がいっぱいになるより、何かをしていたいミタイナ。

あっ、若いお遍路さんが、食事をすまして、出ていきました。


自転車だ。


若い男性のお遍路さんは、ナンダカ心配です。
(皆が皆、そうではありませんが。)

年配の方のお遍路さんは、ある程度、人生のいろんなことを経験して、金銭的にも、精神的にも余裕がありそうです。


若い女性のお遍路さんは、恐ろしいほどの覚悟と強さを感じます。


若い男性は、迷いに迷いながら、進んでいるような気がします。


先日、お店に訪れた若い男性のお遍路さんは、
あまりの空腹か
疲れかわかりませんが弱々しくて、
人の目が見れなくなっていました。


もう、荷物を持って、道を渡る力も残っていなかったのか、道の向こう側にカバンがポツンと置き去りにされてました。


小銭と父親が作ったお饅頭を2つ渡すと


本当に本当に驚いた顔で、「こんなにもらっていいのですか?」・・・


初めて、目が合いました。


そんなことがあると、いろんなことの価値や本質を私は見失っているのでは?と思います。

・・・英語の勉強をしようと思っていたのに、ツラツラと文章を打っていたら、帰る時間です。


写真に写っている本、中身は全てイラストで、見ているだけで楽しい本です

英語に興味のあるかた、書店で探してみてください。
【気持ちが伝わる英会話のルールとマナー】
上野陽子著、イチカワエリ絵

後、今日、私が食べた朝のメニュー・・・

マックグリドル。

初めて食べました。


パンケーキみたいに甘〜いパン?に卵とソーセージ(ハンバーグみたいなの) が挟んでありました。

甘いモノにソーセージ?
という感じですが
甘ったるさに救われる日もあります。

さて、今日は、仕上げないといけない書類が2つ。
頼まれているお歳暮の用意に、
年始に向けての商品の注文があります。

ボケボケせずにやろうっと!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雪っ(*^□ ^*)

雪っ(*^□<br />
 ^*)
雪ですっ!


ビックリw(°0°)w


昨夜も今朝も、そんなに寒くなかったのに。


脈々と繋がる山脈が
粉砂糖がフンワリのったガトーショコラみたいで、美味しそうです。(●^ー^●)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神社

神社
近くの神社にて、パチリ(*^_^*)


菅生神社


国の天然記念物に指定された菅生の森に囲まれています。


森も素敵だし、
本殿も格好よく、
長〜く、真っ直ぐ続く参道が、本当に良いです。


道路を歩いている、おばあちゃんが
道から鳥居越しに遠く見える本殿にお参りをして、通りすぎていきます。


ここを通る時には、いつもそうするのでしょう。

最近、お宮さんが気になります。


伊勢神宮や厳島神社に行ってみたいなぁ〜と。

来年、1月か2月あたりに伊勢神宮に行けそうです。


ちょうど、両親の金婚式があり、その記念旅行に。


一番上の姉も、行きたがっていて、


「では、西と東から出かけて合流しましょうか・・・」と。


ただし、私は日帰りになりそうです。


両親のお祝いの旅行なのに姉は、賢島のリゾートホテルのタラソテラピーの話しや、

伊勢えびのスープが美味しいホテルのレストラン、ラ・メールの話しで盛り上がっています。


挙げ句のはてには、
「一緒に沖縄行かない?」

・・・( ̄〜 ̄)ξ困ったもんだ。


あまりに忙し過ぎるので、のんびりしたいそうです。


私はと言うと、普段からのんびりしている上に30分クルマで走れば、
海水浴も、スキーも行ける超恵まれた田舎に住んでいるので、むしろ都市部に向かいたいと思っています。


ソレを告げると、
「ぢゃ、ニューヨークに行く?」と。

「で、ニューヨークシティマラソンになんか出ちゃったりしてo(^∇^o)(o^∇^)o」


あはは。(;^_^A


そのプランには、賛成ですが、姉・・・

どう考えても、マラソンをしそうにない雰囲気なので

「マラソン・・・似合わな〜い(*^□^*)」って、言っちゃいました。


「ナンデ、ナンデ?」(;^_^A

今、流行ってて、毎週毎週、どこかで、いろんなサークルとかイベントが主催して走っているのよ!」と。


もお〜、ロッカーを貸してるマラソンカフェや、
異業種交流会的なマラソンサークルがあるのも、田舎の人だって知ってますよ〜(^3^)/


とにかく、流行っているというのが、ポイントなんでしょうね。


姉「我々は、セレブじゃないから、再来年ぐらいに向けて、ひと月に一万円ずつ貯金していこうよ〜。」と。

あはは(;^_^A
貯金も似合わない・・・。

本当は、堅実で、モノや服も、とても大切にするひとなんですけどネ。

お気の毒デス。(●^ー^●)


爆笑しながら、一応、ニューヨークとイタリアは行こうと約束した我々でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUBARU 360

SUBARU 360
朝から、父親がイソイソとお店にやってきました。


ポンと雑誌を置いて、この雑誌に載っている本をアマゾンで買ってと。


彼の部屋には、車とカメラと鉄道の雑誌が積み上げられています。


いつものことなので、
「うん、わかった。」と答えて、仕事をしていましたが、帰る様子なく私の周りでうろうろしてます。

ピン!と来て、

「この雑誌を持って帰りたいの?」と聞くと

「うん。」と。


お菓子の製造をずっとやってきて、外出がままならなかったせいも、ありますが・・・・・


我が家の永遠のオタク少年です。(●^ー^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イワサト製瓦所

イワサト製瓦所
恐らく、1年以上かかって、全てのことがツナガリマシタ。

どこから、話せば良いのやら。

アラスカの風を吹かしたtsubu.ちゃんどころではない、ボケぶりです。

まず、先日の一の宮でのイベント前日、

主催者であるBoutonのFumiちゃんから、一斉送信でヨロシクメールがきました。

そして、私、一斉返信でFumiちゃん以外の参加者の方にも、ヨロシクメールを送ったのです。

すると、続々と他の皆さんのヨロシクメールが届きだしました。

なんか、楽しいなぁ〜ヽ(´▽`)/と。

そうしたら、その中にIWASATO MIKI(ブログ)さんからのメールがあるじゃないですか!o(^∇^o)

そうなんです。
彼女の作品、とても心ひかれるもので、すごく気になっていたのです。

「西讃の方でのイベントは、初めてなので〜・・・」のメールに

あっ、そうなんだぁ〜な私。

で、イベント当日、バタバタとイベントを終え、帰る道すがら

忙しくて、SUMIYAさんにもIWASATOさんにも会えず残念だなぁ〜と。

そして、ところ変わって、Lampさんでのライブイベント。

とても楽しく過ごし、後日、Lampさんのブログを見ていると・・・

出演したバンドの皆さんへのお礼のコトバと共に

スタッフとして、手伝ったSumiちゃんとIWASATOさんへのお礼のコトバが・・・

(@_@;)(@_@;)(@_@;)

彼女がIWASATOさんだったのね・・・。

ガ〜ん(@_@;)ガ〜ん(@_@;)ガ〜ん(@_@;)

え〜え〜、確かに受付でいました。
Sumiちゃんとカラダ揺らして踊ってました。
写真を撮っていたので、見せてもらいました。
一の宮でも、Fumiちゃんの横でいてました。

そして・・・・・

私のお店にも、何度か来てくれて、

名前と住所も聞いて

DMも出しておりました。

住所録、確認したら、しっかり載っていて、まさにその名前。

カタカナや、アルファベットのIWASATOと、漢字が全く結びついてなかったのです。
ナカッタのです。
ナカッ・・・タ(T_T)

私、夏にレイジーボーンさんでやってたIWASATOさんの個展に何も知らずに行こうとしてましたから・・・。

一の宮の件でメールをもらった時、おひさまさんに「IWASATOさんが来るらしいよ。」って、タレントさんに会うみたいに言ってましたから・・・。

そして、一昨日、ご飯を食べた後、暇だったので本棚をごそごそ・・・。

私の本棚、本が前面に飾れるタイプのものなのです。
電話も、そこにあるので電話帳がよく見えるところにあるのですが、

その表紙の一番目立つところに
イワサト製瓦所の文字がバァンと(漢字表記で・・・)

何ヵ月も、無意識に見ていたことになります。

そこで、また

(@_@;)が〜ん、が〜ん。

最近、彼女が作っている瓦の人形とイワサト製瓦所が結びついたと同時に

初めて彼女が私のお店に来た日の記憶がよみがえりました。

とても印象的なお客さんだったのです。

自転車で来て、
一瞬、通りすぎたのに戻ってきて、

山本の近くに住んでいることや
家が瓦屋さんであることや、写真を撮ったり、
絵を書いたりしていることを教えてくれました。

ブログを見てやってくるお客さんがまだ1人もいない頃の話しです。

毎日、暇で暇で、
来てくれるのは、友人や近所の人ばかりだった頃のこと。

あの時は、嬉しかったなぁ〜ヽ(´▽`)/。

ゴメンなさい。
そんな大事なお客さんのことをワカラナクテ・・・。

レイジーボーンさんでも、彼女が作ったしょうがドリンクのシールを眺めながら、心の中で謝ってオリマシタ。

そして、今日、あらためて見た彼女のブログを見て

思わず珈琲を吹き出しそうになりました。

Lampさんや、他の方のブログ、山本のマルナカにも貼られていた迷子犬タロウ

IWASATOさんちの犬だったのですね(;^_^A

あ〜、久しぶりに脳の中でパズルをした気分でした。

もっと、いろんなことに意識を持ってイキヨウ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

lazybones

lazybones
先日、6日の定休日の最終目的地は・・・

レイジーボーン。

カシボニに来る個性派ガールたち、3〜4人に言われました。

「絶対、行った方がいいですよ!
カシボニ子さんは、気にいるはず。」

これだけ、言われると・・・・・

何かの、お告げかと思うじゃないデスカ?(;^_^A

tsubu.ちゃんに地図を書いてもらって行って来ました。
(彼女は、口で説明してくれてましたが、この日、2人の間にアラスカの風が吹いたので、キチンと紙に書いてもらった。)

ナルホドです。

残念ながら、古いものが苦手な私の好きな空間ではなかったのですが・・・
(特に時計が苦手。)

面白い体験をしました。

お店に入ると、正面にカウンター。

赤い花模様が印象的な若いエキゾチックな顔の美人のお客さんが珈琲を飲んでいました。

(以後、カルメンと呼ぶ)

ぐるりと店内を見ましたが買うものが見つからず、オーナーさんの顔を見ると

「珈琲ですか?」と言うので、
「はい。」と。

買うものが見つからなかった人には、救いの珈琲かと。
(商売人なりの気づかいだったりして)

珍しく誰にも話しかけず、大人しく珈琲を飲んでいるとカルメン嬢が話し掛けてきました。

大浜や楠浜の話しをして、他にも、ここを訪れる美人の話しをして・・・

そうしたら、ドアのところに人影が見えてキエマシタ。

オーナーさんがその影を追って、帰ってくると犬を抱いた小学生の女の子が2人。

オトナみたいに普通に紅茶を注文して、
オーナーさんも、オトナの女性に出すようにオトナなカップで紅茶をカウンターに並べました。

カウンターに左から、
私、女の子、女の子、カルメン。

その不思議な感じにこらえきれなくなって、
とうとう、喋りだしてしまいました。私。

彼女らに
「よく、来るの?」
「お金、持ってるの?」←失礼な質問
「お母さんと来たことがあるの?」

オーナーさんに
「親戚の子ですか?」

オーナさん「通りがかりでしょ。」

・・・(;^_^Aおとなげない質問をしまくる私。

で、オーナーさんにいろんな人にススメラレテ来たことを告げて、
その人たちがオーナさんのことを

「見た目は恐いけど、やさしい人ナンデス。」って言ってたことまで、バラして

かつ、
「恐いというので来ましたが全然、恐くないですねっ!(●^ー^●)」なんて面と向かって言ってしまいました。

「恐くないことがわかったので、帰ろっと(●^ー^●)」と席を立つ私に、

「良かったら、また来てください。」と言うオーナーさん。

あっ、ホントだ。
ヤサシイ。

外に彼女らが乗り捨てた、スケーターが置いてありました。

ホントに通りがかっただけかも・・・( ̄〜 ̄)ξ

何故だかワカラナイけど、美人が集まる空間。
年齢幅の広さ。

ヒトの居場所的な、あの感じ・・・。

私がお店を始めた理由の一つである

伊藤塾(故伊藤健治氏主宰)を思い出させる空間(レイジーボーン)でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

父と祖母

この一年、何故か父のことが気になります。


とても、健康だし、
パソコンをしたり、
鉄道模型を作ったり、
心配をする要素はないのですが、


同年代の友人の親が調子が悪くなったり、倒れたりするのを聞くようになったからかな。

穏和だった父が急に頑固になったり、
何だか、いちいち突っ掛かってくるようになったのも、気になる要素です。


今朝も、配達に行ってくれる父が重たい荷物を持っていたので、急いでドアを開けて、
一緒にクルマまで行ってクルマのドアを開けると、一緒に伝票を持って来なかったことを怒りだしたのです。

コチラも少し、腹が立って言い返すと、さらに違うことで怒りだして・・・。

お互いにプンプンです。


配達に出た後、仕事場にいた母にそのことを言うと、彼女も父と他の件で、やりあった後でした・・・( ̄〜 ̄)ξ


「こんなこと、なかったのにね。」と二人で。

私としては、ちょっと、とばっちり感を感じながら、二人がいなくなったお店で仕事をしていました。

そこへ、一人のおばあちゃんが仏壇にお供えをするお菓子を買いにきました。


「長いこと、来んかったけど、どうなったんな、この店?
いつも、阿波に行く時は、寄んじょったんや。」と。


祖父母の代のお客さんのようです。


事情を話しながら、お菓子を包装していると、


おばあちゃんが私の顔をのぞきこんで、フワッとした笑顔になって、


「あんた、おばあさんの顔に似とらい。」と。(●^ー^●)

コチラも、フワッとなりました。

祖母は、とても優しくて

旅行とテレビの旅番組とマラソンが好きで、
蘭をたくさん育てていて、
友達がたくさんいて、

人の悪口を言っているのを聞いたことがありませんでした。

亡くなって、17年。
こんな風にお客さんに祖母を思い出させてもらうとは。


夜中になって、
祖父母や両親、姉たちに守られていた子供の頃を思いだしました。


子供の頃は、悲しいことがあれば、わぁーって泣いて、

怒って、
笑って・・・。

父も、私と同じように子供の頃は、祖父母に守られていたんだなぁ〜と思うと、


今朝、腹立たしいと思っていた気持ちがすぅっーと消えました。

一番、忙しい12月。
今年も何事もなく、仕事が終えられること、心から願っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

誰?・・・愛が消える日。

誰?・・・愛が消える日。
チェコの雑貨もあるtsubu.tsubu.ちゃんちで買った可愛いネックレス。


普段、私が手を出さない(出せない(;^_^A)可愛いテイストです。


tsubu.ちゃんのコトバ、
「カシボニさん、華奢(きゃしゃ)なネックレスが似合いそう!」


(≧▼≦)きゃー!
そんなこと言われたの初めてぇ〜
o(^∇^o)(o^∇^)o


tsubu.ちゃん、愛してるぅ〜


と思ってたんですが・・・(−_−メ)
昨日、事件が起きました。


SUMIYAさんからの預りモノを持って、
ひと月遅れの、開店記念プレゼントを持って、
ご機嫌さんで、tsubu.tsubu.を訪れた私。
(その1日の様子は、日々是カシボニで!)

ほんでもって、ガラス窓の入ったドア越しにtsubu.ちゃんと目があった瞬間・・・


やぁっ!(●^ー^●)と笑う私に反して、

(・・?) 誰?〓〓〓な顔のtsubu.ちゃん・・・・・。


ドアを開けて、

カシボニ子「コらぁ〜(`へ´)!

今、誰?って顔したでそ!」と言ったら、


あまりに図星だったらしく、
ツボにはまったらしく、
ずっと笑ってました。

もぉ、ドア越しにアラスカの風が吹きましたから!


で、二人して妙にテンションがあがってしまい、
つい、可愛いネックレスを買ってしまいました。


・・・tsubu.ちゃん、面白かったので、ブログにこの話しを書こうって言ってました。
「いかにも・・・自分は悪くないという感じで。」だって。

ナンデぇ?
切ない想いをしたの私なのにぃ〜。

もぉ、枕ぬらしちゃうから
(T_T)しくしく


| | コメント (2) | トラックバック (0)

RIngiN' BElls RonDo cLuB

Photo

火曜の夜は、川之江にある

Lampでのライブに行きました。

このお店に興味を持ったきっかけ・・・。

この看板。

昨夜は、まぶしいくらい光輝いてました。

■ ■ ■ ■

■ ■ ■

■ ■

RIngiN' BElls RonDo cLuBのライブ。

「マボロシノブタイ」

Photo_11   

とても良い声のアコーディオン弾きさんに

(アコーディオンは、

いったいどうなってるのでしょう?

鍵盤横のボタンも・・・

無数の小さい小さいボタンも不思議です。)

照れた顔が最高にキュートな

バイオリン弾きさん・・・・・。

■ ■ ■

■ ■

Photo_4

彼女の軽快な演奏と

笑顔は最高!

■ ■ ■

■ ■

Photo_6 今日の為に配置された家具も素敵。

   

  Photo_7

天井にうつる灯りと影。

影もいい!

このお店は。

■ ■ ■

                     Photo_8

Photo_9 メンバーの弾(ダン)さん、

このツアーを最後にこのバンドを

離れるそうです。

■ ■ ■

名前が弾(ダン)なのも、

バイオリンの弾き方も

バイオリンそのものも(最近、やはり弦楽器が気になります。)

クラシックに戻るためにこのバンドをやめてしまうと決心したことも

格好いいと思いました。

■ ■ ■

Photo_12 「マボロシノブタイ」のCD

Photo_13 前菜の5種盛り・・・・・

今日のイベントにぴったりのオシャレで

とっても美味しいフードでした。

Photo_15

■ ■ ■

■ ■ ■

Lampさんのやさしいあかりで

フードもなんとなく色気があります。

Lampさん、そしてスタッフのみなさん、

楽しい夜をありがとうございました。

楽しく海辺をドライブして帰る夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lampにて

Lampにて
アコーディオン・・・

バイオリン・・

ピアノ・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »